深夜労働手当 午後10時以降に残業した場合

午後10時以降にも勤務をしている場合は深夜手当を請求できますが、それはどのように計算すれば良いのでしょうか。

深夜労働手当の割増率は25%です。
もし、深夜労働した時間が1日8時間以上働いた部分と重なっている場合は、割増率は50%となります。

したがって、午後10時から0時までの2時間残業していた場合は、基礎時給×2時間×1.5の残業代を請求できます。

たとえば、基礎時給が1000円の人が午前9時から午後11時まで残業していた方の残業代がどれくらいになるのか考えてみましょう。
まず、会社にいた時間から休憩時間を引き労働時間を求めます。
休憩時間が1時間だとすると、労働時間は、13時間となります。

8時間以上働いてたいた時間は5時間なので、この5時間に残業代がつきます。
また、そのうち、1時間は午後10時以降ですから、深夜割増もつきます。

これを計算すると、
1000円×4時間×1.25=5000円
1000円×1時間×1.5=1500円
で合計6500円の残業代を請求できるということになります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ