休日労働

休日労働をした場合にも残業代を請求できますが、そもそも休日とは何でしょうか。

最近は週休2日という会社も多いです。
この場合は、休日は土曜日と日曜日ということになります。

しかし、労働基準法上の休日という言葉はちょっと意味が違います。
労働基準法は、

第三十五条  使用者は、労働者に対して、毎週少くとも一回の休日を与えなければならない。

と定めています。

したがって、週休2日の会社で土曜日も働いたからといって、割増率を掛けた残業代を請求することはできません。

ここは間違いやすいの注意しましょう。

休日労働をした場合

1週間で1日も休みがなかった場合は、割増率をかけた残業代を請求できます。
たとえば、基礎時給1000円の人がある週に日曜日から土曜日まで毎日8時間働いた場合を考えてみましょう。

1日8時間を超えていないので、1日ごとに見ると残業代は発生しません。
しかし、1週間で1日も休みがないため、最後の日の土曜日は、休日労働になります。

また、忘れてはいけないのは、金曜日の勤務にも残業代がつくということです。
日曜日から木曜日までの5日間で、勤務が40時間になっているためです。
40時間以上働いた場合は残業代が発生します。

具体的にいくら残業代が発生するか見てみましょう。
まず、金曜日の仕事については、1000円×8時間×1.25=1万円となります。

土曜日の仕事は、1000円×8時間×1.35=1万800円となります。
気づかれたでしょうか?
休日労働の割増率は35%なので、金額が少し大きくなります。

休日に深夜残業をした場合は、25%+35%で60%の割増率になります。

休日労働も忘れずに計算するようにしましょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク