内容証明の書き方

残業代を自分で請求する場合、口頭で請求しても良いですが、これだと、証拠が残りません。
そこで、内容証明を使うことが効果的です。

内容証明は「いつ、誰が誰に、どんな内容の文書を送ったか」を郵便局が証明してくれるものです。

内容証明を送る方法

内容証明を送るには、まず、同じ内容の文書を3通作ります。
1通は自分の控え、1通は相手に届けられるもの、1通は郵便局で保管されるものになります。

用紙や、記入の方法は決まっていません。
手書きでもいいですし、パソコンで記入してプリンタで印刷しても問題はありません。

文字数や行数には制限があります。
1行20字以内、1枚26行以内です。
また、横書きで作成するときは、1行13字以内、1枚40行以内または1行26字以内、1枚20行以内で作成することができます。
内容が複数枚になるときは、各枚に割印が必要になります。

文章を作ったら、その文書3枚と宛名、差出人を記入した封筒、印鑑(訂正がある場合に必要になります)、お金を持って郵便局に行きましょう。
なお、全ての郵便局が内容証明を扱っているわけではないので、取り扱いがあるかどうかは事前に確認が必要です。

配達証明を忘れるな

内容証明が証明してくれるのは、先ほども書いた通り、「いつ、誰が誰に、どんな内容の文書を送ったか」ということです。
相手がそれを受け取ったかどうか、いつ受け取ったかは証明してくれません。
そのため、内容証明を送る際には必ず配達証明もつけてもらってください。

内容証明の料金

内容証明の料金は枚数によって変わってきます。
郵便の基本料金、書留料金に内容証明の料金、配達証明の料金が加算されます。
通常は、書留420円、配達証明300円、郵便基本料金80円でしょう。
内容証明の料金は1だと枚420円、2枚だと670円、3枚だと920円になります。

内容証明については郵便局のサイトが参考になりますので、最新情報を確認しておきましょう。

*なお、ワードで文書ファイルを作ってインターネット上で送る電子内容証明郵便というものもありますが、少し難しいので初心者にはお勧めできません。
直接郵便局に行った方が、間違いがあった場合などに教えてもらえるので、その方が良いでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ