持ち帰り残業の場合、残業代を請求できるか。

1日8時間以上働いた場合は、残業代を請求できますが、家に仕事を持ち帰った場合はどうなるのでしょうか。
この場合は残業代を請求できる場合とできない場合があります。

たとえば、上司から、家で仕事をやってくるよう指示があった場合、合計の労働時間が8時間を超えれば残業代を請求することができます。
しかし、あなたが勝手に家に仕事を持ち帰り、家で仕事をしていることを会社が全く知らない場合は残業代を請求することができません。

使用者の指揮監督下にあることが必要

労働時間と認められるためには、「使用者の指揮監督下にあること」が必要だからです。
ただし、上司にずっと監視されていないと残業にならないわけではありません。

指揮監督下というのは物理的な話ではなく、黙示の指示があった場合なども含まれます。
わかりやすく説明すると、とても、勤務時間内に終えられない仕事を与えられた時に、あなたが上司に「家でやってきますね」と言ったとします。
これに対し、上司が特に何も言わなかった場合も、残業の黙示の指示があったと考えられますので、残業と認められる可能性があるわけです。

持ち帰り残業の注意点

もっとも、持ち帰り残業の場合は、会社でおこなう普通の残業と違い、特に注意しなければならないことがあります。
それは、残業の証拠が残りにくいということです。

会社で残業をしてタイムカードを押して帰った場合、余程の事情がない限り、 タイムカードの記載通りに残業していたと認められます。
ところが、持ち帰り残業の場合、タイムカード上は、残業していたことにはなっていません。
家でやっていたと主張しても、本当にやっていたのかどうか、やっていたとして、何時間やっていたのかがわかりません。

このように、持ち帰り残業について、理論的には残業代請求が可能でも、実際には証拠が不足しているため、請求できないケースがほとんどです。
請求をするつもりであれば、しっかりと証拠をそろえておくことが必要になります。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク