労働審判にかかる費用

労働審判を申し立てる場合に、どれくらいのお金がかかるのでしょうか。

労働審判や裁判というと、多額のお金がかかるというイメージがありますが、実は、それほど多くのお金はかかりません。
労働審判を申し立てる際に、裁判所におさめる費用は、申立手数料と郵便切手代です。

申立手数料は、請求する金額によって変わります。
たとえば、残業代を100万円請求する場合は、5000円です。
200万円請求する場合は7500円、300万円請求する場合でも1万円です。

一方、郵便切手代は各地の裁判所によって変わります。もっとも、数百円〜千円程度なので気にする必要はないでしょう。

労働審判や裁判に多額のお金がかかるというイメージは、おそらく高額な弁護士費用のせいです。
ただ、今は残業代請求に限って言えば、交渉は無料か10万円程度、労働審判も10万円程度というところがほとんどです。
費用を理由に、残業代請求をあきらめる時代ではありません。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク